さかなのはなし

大きな魚・小さな魚

 世界中でもっとも大きくなる魚は何だろう。その反対にもっとも小さい魚は何だろう。という通俗的な質問をよく耳にする。ちょっと魚のことを知っている人なら、大きい方はわかるだろうが、小さい方はなかなかわからない。

 まず、世界最大の魚はジンベイザメです。
 ネズミザメ日 ジンベイザメ科に属するサメの一種です。ジンベイザメは、現在生息しているサメ類で最も大きいことはいうまでもないが、さらにクジラについで地球上で二番目に大きい動物だといえは、その大きさも想像願えるかと思う。
 普通は体長十㍍くらい、体重十トンくらいだが、大きいものになると体長二十㍍を超し、体重も数十トンにもなるといわれている。クストーの映画をはじめ海中記録映画には必ずといってよいほど、その偉大な雄姿を画面いっぱいにあらわす。
 背中から尾紅かけて数本の隆起線があり、体の表面に白や黄の斑紋がある。大きさに似合わずたいへんおとなしい性格で、人を襲うようなことはない。そしてこの巨体を支えている餌は、なんとあの小さい動物性プランクトンや小魚であることは、あまり知られていないことだろう。そんな平和主義者なので、小魚こそ食べるが大型魚は食べない。そこで、むしろ大きい魚たちに頼りにされている。

 その最もよい例がカツオです。カツオは大洋を群泳する回遊魚だが、カジキなどのよい餌になっている。そこでカツオはジンベイザメの巨体の威をかり、群がりついて身の危険を避けようとしている。これを漁師は「サメつき」と呼び、ジンベイザメにはとくにたくさんのカツオが寄りそっているので餌つきがよく、ジンベイザメのことを「エビスザメ」と呼んでいるほどだ。ところが千葉県鴨川の漁師は、ジンベイザメがカツオを食べるのを見たという反対意見もある。

伊豆沖

 さて、サメ類の多くは卵胎生だが、ジンベイザメは卵生だという。その卵はさすがにスケールが大きく、長さ三十㌢、幅十四㌢、厚さ九㌢もある長持円形だといわれている。平和主義者だといっても、あまり人間が近よるのは危ない。なぜなら、巨体をちょっとねじっただけで漁船などは転覆するし、大きい口は人間をらくに吸い込む大きさだからだ。間違って吸い込まれでもしたらそれまでだ。

 こんどは世界最小の魚はなんだろう。グッピーやメダカも小さいが、もっと小さい魚がこの世の中にはいるのだ。それはフィリピンのマラボンにいるハゼの一種Pandaka pygmaea(パンダカ・ピグメヤ)で、これが世界最小の魚、いや最小の脊椎動物です。
 親魚でも体長八㍉というから、どんなに小さいかわかってもらえよう。つぎが同じくフィリピンのブヒ湖にいるMystichthys Luzonensis(ミステイクジス・ルゾネンジス)で、これは親の雄で十㍉ほど、雌で十一㍉ほどといわれている。


これはメダカです。